逆子鍼灸治療と お灸のやり方 / 自宅での 逆子治療

逆子体操と外回転術

逆子体操と外回転術

(1)逆子体操の方法・やり方・コツ

切迫早産の危険がある人など、体操をしてはいけない人もいるので、この逆子体操は、必ず医師の指示のもとにおこないます。

なお、逆子体操の効果と安全性については、医師の間でも意見が分かれているところです

1.胸膝位(きょうしつい)の逆子体操

一.布団のうえで、四つんばいになり、顔と胸を床につけます。
二.腰はなるべく高くあげます。
三.5~15分間、この姿勢のまま静止(かなりきついようです)。
四.最後に赤ちゃんの背中が上になるように、横向きに寝て約10分間ほど休みます。

2.仰臥位(ぎょうがい)の逆子体操

仰臥位法は、ブリッジ法とも呼ばれています。
一.あお向けに寝て、高さが30~35センチになるように、おしりの下に枕や布団を入れます。
二.この姿勢を1回10分間、1日2回おこないます。

3.逆子での逆立ち(さかだち)

とくに、有効性や安全性について賛否があるようです。三点倒立や、仰向けで壁際に足を少しづつはわせてゆき、お尻あげてゆき、両腕で腰をささえる方法もあります。ただし、ご主人などの介助者がいて転倒などに充分注意する必要があります。

(2)外回転術

外回転術は、妊婦の上から赤ちゃんを回転させる方法で、通常36週目前後におこなわれることが多いようです。

医師によっても賛否に対する意見が分かれ、胎盤早期剥離・臍帯圧迫・出血・臍帯巻絡などをおこす危険性も指摘されています

(体験者の声、32週目の2回で逆子が治り、現在35週目)

★施術効果には、個人差があります。

(逆子治療の動画)

逆子のお灸法・ツボ・回数・良い材料!
鍼灸25年の国家資格者が動画で説明!
熱くない・痛くない逆子治療とは!
36週でもあきらめないこと!
逆子矯正率が、89.9%という報告もある
詳細経歴と自筆写真がないHPは要注意

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional