逆子鍼灸治療と お灸のやり方 / 自宅での 逆子治療

逆子の直し方と時期

逆子の直し方(なおしかた)と、いつから始めるのか

(1)逆子が直らなかったら

逆子のお産はリスクが高い
逆子(骨盤位)の場合、経膣分娩(膣を経過して出産する分娩法のこと)ではリスクが高いのです。とくに、初産婦(一度も出産経験がない人)では経産婦(一度でも出産を経験している人)にくらべリスクが高いと言えます。

(一)妊娠中のリスク

・破水しやすくなる
・臍帯脱出になる可能性が通常よりも高くなる
などのリスクがあります。

(二)出産時のリスク

(母親の精神的ショック)
急に、骨盤位経膣分娩か帝王切開の選択をせまられることになり、これによる精神的ショックが大きかった場合、
・産後のマタニティーブルー
・育児に関する障害
となることもあります。

(帝王切開が選択された場合のリスク)
赤ちゃん側のリスクとしては、
・新生児一過性多呼吸
などがあります。

また、母親側のリスクとしては、
・術後の肺塞栓症
・次回経膣分娩がおこなえる可能性が減少する
・美容上の傷
・傷の癒着
・母子の愛着形成の遅延
などがあげられます。

(骨盤位経膣分娩が選択された場合のリスク)
逆子の経膣分娩では、胎児で一番大きい頭があとから出ることになります。

このとき、胎児のお腹と胎盤をつないでいる臍帯が、あとから出てくる頭と産道の間にはさまれて圧迫されることになります。

臍帯が圧迫されている時間が長くなると、胎児にとって大きな負担となり、
・胎児の酸素不足
・頭蓋内出血
・新生児仮死の発症
などのリスクが生じることになります。

また、無理な状態で出るときに、
・鎖骨骨折
・上腕骨などの骨折
・上腕神経叢(ジョウワンシンケイソウ)麻痺
などをおこすこともあります。

このように、逆子(骨盤位)における分娩は頭位分娩に比べて約30倍の危険性があると言われています

(2)逆子の鍼灸治療をいつからするのか

結論から言いますと、妊娠後期の28週目以降からです。1日も早いほうが治る確率が高くなります。

1.妊娠初期(1週目~15週目、妊娠4ヶ月まで)

2.妊娠中期(16週目~27週目、妊娠5ヶ月、6ヶ月、7ヶ月まで)

逆子の頻度は、妊娠中期では40%~50%といわれています。

妊娠26週を超えても逆子の場合は、赤ちゃんの背中があるほうを上にして横向き(側臥位)で休むとよいでしょう(詳細は自宅でできる逆子治療の章の「逆子で寝る向きを変える方法(側臥位)」を参照してください)。

この時期では、特別な事情がない限り、胎児が活発に動ける状態なので、あまり心配する必要はないといわれています。

3.妊娠後期(28週目以降、妊娠8ヶ月、9ヶ月、10ヶ月)

この妊娠後期になると、逆子の頻度が3%~5%となり、自然に直り減少すると言われています。


しかし、逆に言えば、逆子の状態の妊婦さんが100人のうち3人から5人いるということです。自分がその中に絶対入らないと本当に言えるでしょうか。

一般的には、28週か少し前に「逆子ですね」と告げられ、そして、そのときに「だいたい出産までに自然に直ることが多いので、あまり心配しなくてもよいので、しばらく様子をみましょう」と告げられることが多いようです。

この妊娠28週目以降で1日でも早い時期が、逆子の鍼灸治療を開始する絶好のタイミングになります。

このときに、鍼灸逆子治療を、産婦人科の医師や助産師さんに紹介されたり、インターネットで調べたりして開始できれば、正常な状態になる可能性が高まります。

このタイミングで何も知らずにいた場合、妊娠32週目頃の妊婦健診でも逆子が治っていない状態がわかると、今までとは違い、逆子の積極的な矯正法・逆子のリスク・帝王切開の説明を受けることになり、精神的なショックを受けることにもなりかねません。

一般的には、逆子が直っていない場合、34週目~35週目頃に、37週目頃の予定帝王切開の日程が決められることが多いようです

この時期の妊娠32週目から遅い妊婦さんでは36週目前後で、あわてて鍼灸逆子治療を受けることを決意されるのは、このためかも知れません。

このとき、いつも残念に思うのですが、「どうしてもっと早く治療できなかったのか」ということです。

しかし、この時期でもあきらめてはいけません。まだ逆子が直る可能性はあります。

(体験者の声、32週目の2回で逆子が治り、現在35週目)

★施術効果には、個人差があります。

(逆子治療の動画)

逆子のお灸法・ツボ・回数・良い材料!
鍼灸25年の国家資格者が動画で説明!
熱くない・痛くない逆子治療とは!
36週でもあきらめないこと!
逆子矯正率が、89.9%という報告もある
詳細経歴と自筆写真がないHPは要注意

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional