逆子鍼灸治療と お灸のやり方 / 自宅での 逆子治療

逆子と帝王切開

逆子の場合の予定帝王切開と緊急帝王切開

帝王切開には予定帝王切開と緊急帝王切開の二つに大きく分けられます。

予定帝王切開とは、妊娠中の検査で経膣分娩は無理と判断されて、帝王切開で分娩したほうがより安全であると判断された場合に、事前におこなわれる帝王切開のことをいいます。

緊急帝王切開とは、お産の途中で経膣分娩の継続が無理だと判断された場合に、急遽切り替えられておこなわれる帝王切開のことをいいます。

逆子の場合は、医師の考え方にもよりますが、通常妊娠37週目から38週目頃に予定帝王切開がされることが多いようです。

逆子分娩時のリスクを考えて、予定帝王切開が第一に検討されるのはわかります。しかし、帝王切開は経膣分娩にくらべて5~10倍ものリスクがあるといわれています

妊娠28週目頃に逆子とわかれば、「そのうちに直るかもしれません。様子をみましょう」ではなく、胎児が大きくなって逆子が直りにくくなる前に、母子ともに安全な治療方法を検討する必要があるでしょう。それは、1日でも早いほうがよいのです

ここで、東洋医学的な逆子鍼灸治療は、副作用が非常に少なく、母親のみならず胎児にとっても負担が少ない治療法だといわれているので、この方法を試みる価値が充分あると言えるのです

(体験者の声、32週目の2回で逆子が治り、現在35週目)

★施術効果には、個人差があります。

(逆子治療の動画)

逆子のお灸法・ツボ・回数・良い材料!
鍼灸25年の国家資格者が動画で説明!
熱くない・痛くない逆子治療とは!
36週でもあきらめないこと!
逆子矯正率が、89.9%という報告もある
詳細経歴と自筆写真がないHPは要注意

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional